料理の味付けについて

料理の味付けにおいて、基本となるのが塩分0.9%です。

この0.9%は人間の浸透圧と同じですので、例えばポカリスエットや病院の点滴などはこの濃度で作られています。鼻に入れてもツーンとしない液体でもあります。

運動後など脱水状態の時には0.9%が薄く感じ、逆に病気の時などは濃く感じるものです。

他にも濃い味、薄味が好みというパターンもありますので、料理の味付けの際には0.9%を基本に、後は食べる人の状態や好みに合わせて調整すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください