東京駅のコインロッカー

アメリカ大統領のトランプ氏が訪日することを受け、都内の多くの駅でコインロッカーの使用が禁止されました。テロ対策です。

コインロッカーには使用禁止という文字とその理由、期間が書かれた紙が貼られていましたが、主に日本語でのみ書かれており、Not in service (使用禁止)という文字のみが英語で書かれていました。

これではコインロッカーを利用する外国人には理由がわかりません。

夕方ごろに通ったコインロッカーの前では、紙を見ながら不思議がっている外国人を何人も見かけました。

JRや都営地下鉄は英語版も作成するべきでしたし、また訪日外国人のことを考えられずに「おもてなし」は語れないと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください