海外で年越し蕎麦は何にあたる?

本日は大晦日。引越ししたばかりでバタバタしていましたが、なんとか年越し蕎麦を食べられるほどに片付けることができました。

日本では大晦日に年越し蕎麦を食べます。海外ではどうでしょうか。

私の会社の本社があるドイツでは、大晦日にザワークラウトを食べます。キャベツに塩や、地域によっては白ワインを漬け込んで作る、酸っぱい漬物です。

日本でいう梅干しやしば漬けのように一般的で日常的に食べるものですので、大晦日しか食べないものでは全くありません。

もう一つの本社であるノルウェー では、地域にも依りますがライスプディングというスイーツを食べます。確か他の北欧であるフィンランド、デンマーク、スウェーデンでも同様です。

ライスプディングは日本でいうミルク粥です。ご飯をミルクで煮て、砂糖やシナモンをたっぷり加える甘いものです。

他にはヨーロッパ地域のしか知りませんが、ポーランドではニシンを食べます。スペインはブドウを食べます。イタリアはソーセージを食べます。

どこも何かしら食べてますねー。

妻が過ごしていたアメリカではシャンパンとかステーキとか食べてパーティするらしいです。

キリスト教の地域では、クリスマスは家族で、年末年始は友人や恋人と過ごす人が多いようですね。

来年もよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください