韓国はトイレの紙を流さない

韓国ではトイレでオシリを拭いた紙は流さず、ゴミ箱に捨てる習慣があります。昨日まで3泊4日の韓国出張でしたので、今回はトイレ事情をお話しします。

韓国では紙をトイレに流すと排水管に詰まってしまうらしく、備え付けのゴミ箱に捨てることが一般的です。

言うまでもなく、ものすごく臭いです。ゴミ箱にフタが無いものも多いです。

近年のホテルやビルでは紙を流せるトイレが普及してきています。ですが特に中年と老年層はゴミ箱に捨てることが常識としていますので、結局は悪臭に悩まされてしまいます。

韓国でも日本と同じく、ウォシュレット機能や暖房便座機能のある便器が増えてきました。しかし悪臭が酷いため、快適なトイレには程遠い現状です。

日本の公衆トイレでも、「トイレの紙は捨てずに流してください」という旨を記載した貼り紙を見かけます。これは韓国人旅行客に向けたものなのですね。

距離が近く人気のある旅行先の一つである韓国ですが、このようなトイレ事情があることを知らずに行くと悪臭に驚き、またウッカリ排水管を詰まらせてしまうかもしれませんので注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください