カプセルホテルを初利用しました

少し前のことになりますが、人生で初めてカプセルホテルを利用しました。

宿泊先は秋葉原駅西口から徒歩3分の、グランジットというところです。

会社に請求できない宿泊で、滞在も7時間程度の予定でしたので、可能な限り安く済ませたいと考えていました。

お値段は4,000円ちょっと。2017年8月にオープンしたばかりで新しく、ホームページの写真から洗練されたデザインが見えたことが決め手となり、カプセルホテルの初利用に踏み切りました。

深夜に到着。木を基調にした温もりあるデザインのロビーがあります。

スタッフも高級ホテルのような礼装で、接客態度も非常に良かったです。驚きました。

平日ということもあり、私以外の客もビジネススーツをまとっていました。同じような境遇の方々なのでしょう。

ロビーで電子式キーを渡され、手首につけます。銭湯やプールのロッカーキーのようなものです。

そのままロビーにある下駄箱に履物をしまい、エレベーターで寝床に向かいます。

エレベーターでは電子式キーをかざさなければ、自分の寝床のある階層まで行けません。階層ごとに男女を分けることで、女性に対する配慮も可能です。どうやら上の階層が女性用なようです。ちなみに高速エレベーターなので早かったです。

自分の階に到着すると、寝床、ロッカー、トイレ、ゴミ箱などがあります。

ロッカーも電子ロックされており、自分の番号以外のロッカーは使用できません。セキュリティ面でも安心できます。

ロッカーの中には寝間着、バスタオル、フェイスタオル、歯磨きセットがあり、またハンガーが日本ありました。早速スーツから寝間着に着替え、仕事用のカバンなどを片付けました。

疲労困憊でしたのでシャワーは次の日の朝に入ることにし、その日はすぐに寝床に行きました。トップ画像が寝床です。ロールスクリーンで出入り口を塞ぎます。

寝床は清潔で、マットレスも快適でした。テレビがついており、付属のヘッドホンで音声が聴けます。照明はディマーがついているため、好みの明るさに調整できます。さらに電源とUSB電源が1つずつ付いています。枕元は遮音物のようなメッシュ状のものがあり、他人の物音もさほど気になりませんでした。

朝は他人の目覚まし時計のアラームで目が覚めました。

早速バスタオルなどを持って浴場に向かいます。男性用は地下一階、女性用は最高階にあります。

地下には浴場の他に、雑誌やコーヒーメーカーの置いてあるラウンジ、また1つだけですが衣類洗濯乾燥機があります。

浴場で服を脱ぎ、シャワー室に入ります。立ちシャワーが3つ、座れるシャワーが3つ、それに大きなお風呂がついていました。タイミングが悪いと身体を洗うスペースが無いかも知れません。私は大丈夫でした。ちなみに身体を洗うボディタオルや髭剃り用のカミソリは、浴場に置いてあります。無料です。シャンプー、リンス、ボディソープが使えます。

浴場には洗面台が3台あります。シャワー後、ここで身だしなみを整えました。使用したタオルは返却口に、歯ブラシなどはゴミ箱に入れます。

ラウンジでコーヒーを一杯飲み、再び自分の階層に戻りました。

ロッカーでスーツに着替え、一階のロビーでチェックアウトします。下駄箱に入れた靴を履き、ロッカーキーを返却して終了です。

朝食やホットアイマスクなどは一階で購入できますが、今回は利用しませんでした。

 

長々と書きましたが、費用、サービス、施設、快適さなど総合的に考えて、利用して良かったと思います。

今回のような機会は稀ではありますが、また機会があればカプセルホテルを利用してみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください