飼い猫に皮膚真菌症の疑い…

飼い猫のメスの方が皮膚真菌症の疑いです(´・ω・`)

顔や耳の裏にハゲが目立つようになりまして、「発情期の影響でそこら中に身体を擦り付けてるからだろう」と考えていましたら、病院から皮膚真菌症の疑いと診断されました。

猫カビとも言われまして、水虫のようなもので完治には数ヶ月を要するそう。人間にも感染する可能性があります。

発情期に伴うストレスと食欲不良で免疫が弱まり、また連日の高温多湿で発症してしまったのだと疑っています。

医者から塗り薬とシャンプーを処方されましたので、塗り薬は1日1回、シャンプーは1週2回使っていきます。

薬を塗るとハゲが目立ちます…。

昨日は有給を使って家中を徹底除菌。もう1匹に感染拡大させぬようにします。また掃除中は病猫をケージに隔離しておきます。

丸一日費やして一息ついたところ、兄のオス猫が右後ろの肉球を痒そうにかみかみしています。

見てみると…

ありました…。

妻と確認したところ、確かペットショップから迎え入れた日から、肉球の一部が白かったのを思い出しました。

どうやら感染源はオス猫、もっと言えばペットショップだった模様。

掃除中も元気に走り回っていた兄は、私が掃除している間も菌を撒き散らしてくれたことでしょう…。

我関せずなご尊顔。

 

我が家には猫を隔離できるような部屋がありませんので、キャットタワーに猫避けのネットを被せて簡易的に隔離しました。

上下運動もできるので運動不足にはならなさそうです。

 

皮膚真菌症かどうかは2週間後に診断確定されます。

それまでは2匹とも、塗り薬とシャンプーを与えながら経過を観察します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください